代表メッセージ

合同会社アールスリー 代表取締役 白井 和樹

はじめまして。ウィズ訪問看護ステーション・代表の白井です。

このたび訪問看護ステーションを開所させていただくことになりました。

私は約20年間、介護業界で介護福祉士や生活指導員、ケアマネージャーとして働いてきました。介護の仕事はとても楽しく、やりがいがあり、多くのことを学ばせていただきました。

その際には、訪問看護の看護師さんからもいろいろなことを教えていただき、助けられてきました。

これから日本の医療は、「病院での長期入院」よりも、「在宅療養」する人が増えていきます。

この時代に訪問看護ステーションを開所するにあたり、私が大切にしたいと思うのは、「地域=Region」「信頼=Reliance」「尊敬=Respect」、3つのR(アール)です。

この地域で暮らす利用者様、事業所、看護師が、互いに信頼と尊敬でつながり、幸せであること。

これは、私の信条、「三方よし」の精神でもあります。

利用者様やそのご家族が安心して療養生活を送り、働く看護師もやりがいもって働くことができ、関わるすべての人を笑顔にできる訪問看護ステーションを目指してまいります。

「ケアにおいて、相手の思いを中心に考えることの大切さ」

これは、介護施設で働いていたときに学んだことの一つです。

利用者様の思いに寄り添ったケアができるよう、スタッフ一同心がけていきたいと思いますので、在宅での療養で気になること、お困りごとなどご相談ください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

インタビュー冊子をお読みいただけます

私のこれまでの経歴、訪問看護ステーション開業を目指したきっかけなどをお話させていただきました。

こちらよりお読みいただけます。